レッド・ライン

アニマトリックスの『プログラム』と『ワールド・レコード』の監督を務めた小池健さんの新作、『レッド・ライン』を見ました。ストーリーにはあまり肉がついていなかったけど、エネルギーに満ちた迫力満点のアニメーションと絵がすごかったです。この真っ黒なシェーディングは小池さんと今石洋之さん(『デッド・リーブス』、『グレン・ラガン』などの監督)、どっちが先に始めたのか気になります。見ている間僕の顔もこんなになってたと思います→